保育士辞めたい

保育士辞めたい

保育士を辞めたい人に対して、辞め方と辞めてからのアドバイスブログです

みんなが悩む!保育士の円満退職のための3ステップ

読了までの目安時間:約 9分

 

仕事を辞める時には、どんな職種でも悩むと思います。

 

しかし、まだまだ女性の職場である保育園の場合、人間関係が密接で難しく、とても気を使います。

 

 

保育園は特に狭い世界です。

 

 

噂は思った以上に広がりやすいので、できるだけ波風を立てないで退職するようにしたいものです。

 

 

 

退職の理由!説得されにくいものを用意する

SONY DSC

 

退職の理由を話す時、本音を言う必要はありません。

 

「それは仕方がないですね」と言ってもらえるように、

 

きちんとした建前が用意できればいいのです。

 

 

 

お給料が安い。

 

有給が消化できない。

 

 

 

このような条件を理由にすると引き止められやすくなってしまいます。

 

 

 

「じゃあ賞与を出すから」

 

「有給がとれるように配慮するので」といった話が出てしまうからです。

 

 

 

こうして引きとめられて、残ったとしても働きやすくなるかはわかりません。

 

「あの人は何かあると辞める、辞めると言う人だから」

 

おかしなレッテルを貼られて、ますます働きにくくなることも考えられます。

 

 

 

ですから、辞めるときは説得されにくい理由を用意しましょう。

 

 

 

 

例えば、以下の理由の場合は、相手に「それはしょうがない」と思ってもらえます。

 

 

健康上の理由、結婚、妊娠、親の介護、夫の仕事の都合

 

 

 

 
例1

 

旦那さんが「こんなに忙しいのなら、辞めて家にいてほしい」と言ったとします。

 

もちろん、ちょっと疲れている旦那さんの愚痴、と言うこともあるでしょう。

 

ちょっとした夫婦のいさかいかもしれません。

 

でも退職したいのであれば

 

 

 

 

 

夫の仕事内容が変わり、今までのように夫のサポートを受けられなくなりました。

 

お仕事を続けるのが難しいので、しばらく家庭に入って子育てに専念しようと思います

 

 

 
と言った感じで伝えることが出来ます。

 

 

 

 

例2

 

子どもがいる場合は、子どもを理由にするのも納得してもらえる理由になりそうです。

 

 

 

 

 

子どもが、「うちにお母さんがいないのが寂しい」

 

「家にいてほしい」と言っています。

 

不安定になっているようで学校からも指摘を受けました。

 

しばらく母親業に専念しようと思います。

 

 

 

 

と言った感じです。

 

 

 

退職の時期はいつがいい?

円満に退職するならば、時期は圧倒的に3月末にするのがいいです。

 

担任クラスを途中で投げ出すのは、関係者に迷惑をかけるのは元より、子どもたちにとってもストレスです。

 

しかし心身に変調をきたすような状態、または何かのっぴきならない事態ならば、途中での退職もあり得ます。

 

 

 

ただし引き継ぎがあるので、遅くても1カ月、できれば2、3か月前に伝えるほうがよいです。

 

 

 

ある保育士の場合、試用期間の終わりが近くなった頃に問題が浮上しました。

 

本採用の契約書にサインをした直後に、人間関係のトラブルでかなりのいじめにあうようになったのです。

 

まだ本採用の施行前でしたので、辞めようかとずいぶん悩んだようです。

 

 

 

しかし契約終了の3月末までは耐えることに決め、勤め続けました。

 

酷い人間関係で、体調も崩しがちの日々。

 

後になってから早めに辞めればよかったという話を聞きました。

 

ですが円満に辞められたことで次の仕事も見つかりやすく、自信も持てたと話していました。

 

 

 

 

最終日には全員に挨拶する

7301536818_d94251fd7a_z

 

最後の日には、全員に挨拶をしましょう。

 

いじわるされた相手に挨拶するのは、気後れしますよね。

 

それはとてもよくわかります。

 

 

 

しかし全員にあいさつすることで、きちんと義理立てすることができます。

 

 

 

保育士は地元で就職していることも多いですし、世間は狭いのでどこでどう繋がっているかわかりません。

 

どこかで再会しないとも言い切れません。

 

そのときはいやな思いをしなくて済みます。

 

 

 

私の場合、最終日に同僚と保護者の方にご挨拶をしました。

 

就職して1年、私自身は愛着も感じられないような園でしたが、保護者の方が花束をくださいました。

 

思いがけないことだったので驚きましたが、少しでもお役に立てたと思うと嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

また、同じような立場で働いていた同僚の一人から、プレゼントとカードをいただきました。

 

 

「誰も私のことを認めてくれない」

 

 

そう思っていた職場だったので、見てくれている人がいたとわかって、とても誇らしい気持ちでした。

 

それは、次の職場でも頑張るモチベーションにも繫がりました。

 

 

 

 

最後に

7790394694_5683bfe87e_z

 

ネガティブな理由で退職を考えている時は、ネガティブな理由しか思いつかないかもしれません。

 

しかし、視点を変えてポジティブな理由に言い換えることが大事です。

 

どうしてもネガティブな理由しか思いつかない。

 

それでもできるだけポジティブに言い換えてみてください。

 

 

ここを考えておくと、転職するときの理由にも活用できるので、一石二鳥です。

 

 

今後の自分のためにも、円満退職でいきましょう。

 

 

 

 

 

退職   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: