保育士 サービス残業

保育士辞めたい

保育士を辞めたい人に対して、辞め方と辞めてからのアドバイスブログです

サービス残業は当たり前!保育士の実情

読了までの目安時間:約 8分

 

保育園という職場は、本当に特殊な環境です。

 

女性しかいないこと。考えられている以上にハードな仕事内容なのに対して、支払われる賃金の安さ。

 

 

そして、多くの保育士を悩ませるのが、残業代のつかない「サービス残業」です。

 

 

これらの実情があるために、保育業界では、保育士不足という現実に陥っているといっても過言ではありません。

 

 

 

気を遣う暗黙の了解

保育園は、保護者の通勤時間に合わせて開園するため、早番の保育士であれば、7時くらいから勤務に入り、16時くらいまで。

 

通常の保育士は、8時から17時。

 

遅番の保育士は、10時くらいから19時くらいまで。

 

こんな勤務体制となる園が多いかと思います。

 

 

ただ、ここで注意したいのは、一般的な会社にはある「タイムカード」が保育園にはないということ。

 

 

また交代で早番、遅番と決めてはありますが、新人保育士がベテラン保育士よりも遅く出勤するというのは、タブーであるという暗黙の了解があることです。

 

つまり、新人保育士は、当番だろうとなかろうと、なるだけ早く保育園に着き、何かしらの仕事を開始していなければならないのです。

 

サービス残業は既に始まっているのです。

 

 

休憩もない職場の現実

15224569009_fcb645001b_z

 

 

早番、遅番、通常勤務、全ての時間が、9時間に設定されていることに気づかれたでしょうか。

 

今現在の日本の法律で、一日の就労時間は8時間ということになっています。

 

そのため、保育士の勤務時間、9時間には、1時間の休憩時間を取ることを考慮に入れて設定が行われています。

 

 

ですが、実際に休憩を取っている保育士はいません。

 

1時間もゆっくりと座って、お茶を飲むなんていう時間はあり得ません。

 

 

1時間どころか、10分の休憩さえも難しいのが実情。

 

給食の時間は、子供たちに食べさせつつ、子供たちよりも早く食べ終わることを求められますし、トイレに行くのも、誰かに言づけて行くことが義務です。

 

命をお預かりする以上、目を離すことが出来ないからです。

 

そのため、保育士は胃を悪くしたり、膀胱炎を起こすことが多い職種でもあります。

 

 

時間内にこなせない仕事は休日に自宅で

保育士というと、子供の面倒を見ていればいい仕事。

 

くらいに思われているかもしれませんが、その仕事内容は多岐に渡ります。

 

 

・子供たち一人一人に応じた対応

 

・一日のスケジュールに合わせた行動

 

・保護者とのコミュニケーションのための連絡帳作り


これらの仕事は勤務時間に終わらせることが必須ですが、その他の仕事もあります。

 

 

・お誕生会のカード

 

・季節に応じた壁面や室内の飾り作り

 

 

などは、勤務時間内に終わらなければ、持ち帰りとなります。

 

慣れれば大丈夫よ!と言われる方もいます。

 

ですが新人保育士にとっては、慣れない職場でのストレスを抱えている上に、休日返上で自宅でも仕事をしなければならないとなると、

 

「子供が好きだから」

 

という思いだけでは続けてはいけない現実にぶち当たることになります。

 

基本的に、受け持ったクラスの教室、子供たちのカードや飾りは、その担任が一人で作ることになっています。

 

そのため一人でこなせない状況に陥った場合、家族に助けを求めるしか方法がありません。

 

 

園長が帰る時間が帰れる時間

保育園は女性だけの職場ということもあり、女性ならではの人間関係が成り立っています。

 

年功序列を重んじるところも、そのひとつでしょう。

 

そうなると、ベテランの先生が園長先生をヨイショされていることが多い。

 

そのためたとえ勤務時間が過ぎていたとしても、園長先生やベテランの先生が帰られるまでは帰ることが出来ない。ということになります。

 

ただ、残業代を付けなくて済むように、勤務時間が終わったあとに「帰っていいですよ」と声はかかると思いますが・・・。

 

そこで本当に帰ってしまったらどうなるか?

 

新人保育士は、朝早くから夜遅くまで、クタクタになって働かされた上に、自分の意思で残っているとされ、残業代がつかないサービス残業ばかりが続くことになるのです

 

 

他の仕事へ目を向けてみるのもアリなのでは?

snowdrop-650894_640

 

 

「結局はお金なの?子供が好きだから保育士になりたかったんじゃないの?」

 

と批判をされそうですが、仕事は収入を得るためのものです。

 

働いた分だけの見合った収入を得たいと思うことは、そんなにいけないことでしょうか?

 

きれいごとではなく、実際に働いてみたからこそ分かる、保育士の環境の悪さ。

 

この悪循環を見直さない限り、保育士を仕事にしたいと考える方は減っていく一方でしょう。

 

また、我慢してサービス残業を続け、心身ともに疲れ切って体を壊してしまう前に、他業種へ目を向けてみるのも大事なことです。

 

実情を知らないまわりの方たちは、好き放題に責め立てて、苦しい思いをするかもしれません。

 

でも、自分の体のことは自分にしか分からない。そう割り切って、まわりの意見は気にしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

残業   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: