保育士 嫌な主任

保育士辞めたい

保育士を辞めたい人に対して、辞め方と辞めてからのアドバイスブログです

保育士の嫌な主任にありがちな4つの行動

読了までの目安時間:約 8分

 

保育の業界でも、幼稚園、保育園、最近は認定こども園など、色んな種類の施設が出来てきました。

 

細かい違いはありますが、どの施設でも、必ず園長・主任が存在します。

 

現場に立つ保育士にとって、一番接する「主任」は、保育士には、一番影響力がある人です。

 

 

主任も主任である前に、一人の人間です。

 

 

主任がどんな人であるかによって、保育士人生が大きく左右されます。

 

主任と言う地位を利用

4345677187_ce9bf50013_z

 

園では、早番、遅番、日勤など、当番が決まっています。

 

 

しかし、その出勤時間を平気で破る主任がいます。

 

 

「主人の病院」、「子どもが熱」、「車が故障」など、何かと理由を付けて、5分、10分平気で遅刻してきます。

 

それも、1日だけではなく、ほとんど毎日。

 

主任からの電話がなり、聞こえてくるのは「子どもが熱を出した」、「薬が無くなっちゃったから病院行ってから出勤します」のセリフばかり。

 

「あぁ、またか」と、保育士は、諦めざる負えません。

 

園長なら、注意できるかもしれません。

 

ですが、現場をほとんど知らず、主任や現場の保育士との関わりがない園長だと、期待できません。

 

関わりがあったとしても、園長が弱々しく、主任が強い人だった場合も全く期待できません。

 

遅刻してきた主任も、「遅くなりました」「すみませんでした」の言葉もありません。

 

当たり前のような顔をして出勤してくるので、より複雑な気持ちになるのです。

 

 

自己中で無責任な行動

1677426833_c31dfc8d40_z

 

主任とは、日々の保育の現場において、長に立つもの。

 

責任が大いにのしかかってきます。

 

新人保育士の指導、保育内容の確認、園行事の進行、などなど、仕事は膨大です。

 

そんな中、新人保育士がいれば同じ学年の保育士に任せきり。

 

先輩保育士の相談にも乗ってくれない時は、やむを得ず、自分より先輩の先生に相談をしたりしますよね。

 

それなのに、他の保育士に相談すると「なぜ自分に相談しないんだ」と怒られます。

 

怒られた保育士は「すみません」としか言えません。

 

保育の計画を立てる上でも、保育士が主任に相談しなかったらまだしも、相談してきても「それでいいんじゃない!!」の一言。

 

なのに、たまたま保育室を通りかった時に見かけた保育について、注意をします。

 

相談した際、しっかり確認しアドバイスをしなかった主任に非があります。

 

保育士は、しっかり相談したのですから。

 

園行事の進行においても、多々あります。

 

新年度にはいろんな準備があります。

 

その準備を「私がやる」とたくさん背負いこんでは、処理しきれなくなります。

 

そして期日までに間に合わない状況になり、保育士に呼びかけ、休日出勤までさせようとします。

 

いくらなんでも、無責任すぎます。

 

自分がやると言っておきながら、休日出勤をさせるなんて、身勝手です。

 

このような、無責任な行動発言が、保育士にストレス、不快感を与えます。

 

 

嫌味な発言

本人は、その気がなくても、口調やイントネーションによって、聞こえてくる言葉の印象は大きく変わります。

 

主任たるもの、その辺にも気をつけなければなりません。

 

聞きに行かなければならない仕事も、新人の頃は、なかなか聞けずにいることもあります。

 

「聞きに来ないから、やっちゃったよ」と言われたり、練習していたピアノを聞きに来られて、

 

「耳がおかしくなりそう」と言い放ったり。

 

その人の性格かも知れませんが、本人にその気がなければ、治る傾向はありません。

 

 

嫌いな保育士いじめ

大きな園には保育士がたくさんいます。

 

主任は、子供たちの他に、現場に立つ保育士にも目を向け、接して行きます。

 

そして、保育士にもいろんなタイプがいます。

 

主任も、合う人合わない人と出てくるとは思いますが、そこは主任!!

 

上に立つ人間として割り切らなければならない所です。

 

しかし、自分と合わない保育士や、よく思わない保育士に対してのいじめが見られる主任も、中にはいるんです。

 

 

相談を聞き入れない。

 

挨拶されたのに返さない。

 

仕事を与えない。

 

嫌味を言う。

 

 

これでは、された方は、仕事をする意欲もなくなり、保育自体の意義を失ってしまいますよね。

 

主任に不信感を抱き、後輩は付いてこなくなってしまいます。

 

 

最後に

9669889796_a62ec9b347_z

 

上に立つ人間が、自分に気づかないことには、園全体に影響し、保育士にも大きく影響してしまうものです。

 

主任の上には、園長、中には副園長や園長の上に、理事長もいます。

 

その人たちが、しっかり保育士の意見を聞きいれ、主任の人柄・性格を把握し、現場の状況を分かっていないといけません。

 

上が、しっかりして行けば、雰囲気のいい、仕事のしやすい園になります。

 

保育士も楽しく仕事ができると思うのですが、現実は厳しいです。

 

 

ちゃんとした保育園を探す!保育士さん専門の転職サイトの口コミ

 

 

 

 

同僚・先輩   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: