保育士 人間関係 悩み

保育士辞めたい

保育士を辞めたい人に対して、辞め方と辞めてからのアドバイスブログです

保育士の人間関係で悩みまくっている人へ!

読了までの目安時間:約 8分

 

子供が好きだから、保育士になりたい。

 

保育士を希望するほとんどの方が、その思いを胸に資格を取得し、保育園に就職されると思います。

 

ですが、保育士というのは、他の職種に比べて、女性しかいないという特殊な世界。

 

子供が好きという気持ちだけでは、続けてはいけない現状があるのです。

 

保育士の人間関係に悩んでいる人へ、その実態を整理しながらもその後の方針をアドバイスします。

 

 

 

園長と主任、二つの派閥のどちらにつく?

全ての保育園がそうだとは言えませんが、保育園によっては、園長先生と主任の考え方が異なったり、仲が悪かったりするケースが多い。

 

 

そうなると、その園内で派閥が生じることがあります

 

 

保育士として経験を積まれている方であれば、その派閥争いもうまく切り抜けていける知恵を取得されています。

 

ですが新人保育士となると、勝手も分からず戸惑うことも多いでしょう。

 

目の前で、園長先生と主任に

 

 

「どちらの考えに賛成するの?」

 

 

などと聞かれたら、右往左往してしまいますよね。

 

自分が就職した保育園で、うまく長く仕事を続けるために、どちらの派閥に付く方が良いのかを、よく考えて行動しなければなりません。

 

保育園は、保育に欠ける児童をその保護者に代わって保育する場所ではありますが、それだけを考えていては生き残っていけません。

 

自分自身の身の安全をも守りながら過ごさなければならない、上手な人間関係を構築しなければならない、

 

 

一種のサバイバルなのです。

 

 

上下関係、年上保育士からの嫌がらせ

7387243190_8c2553736d_z

 

 

女性には、

 

 

・女性特有の仲間意識

 

・一人を仲間外れにすることで結束する、という人間関係

 

・群れを作る習性

 

 

があります。

 

特に、年配の保育士に多い傾向があるような気がします。

 

 

自分たちもそういう仕打ちを受けてきたのだから、今度は自分たちが新人保育士に嫌がらせをしてもいいのだ。

 

 

そう考えている方もいるのかもしれません。

 

 

一人だけ疎外される嫌がらせ

保育園には、お昼寝、いわゆる「午睡」の時間があります。

 

子供たちが寝静まるこの時間は、短時間ではありますが、様々な仕事をこなせる時間でもあります。

 

そんな時、書類を整理していたものの、主任に聞かなければわからない箇所があり、職員室へ。

 

ノックをして中へ入ると、自分以外の職員全員が揃って「おやつタイム」を楽しんでいる最中。

 

おやつが食べられないことを悔しく思う方はいないと思いますが、

 

一人だけ仲間外れにされているという事実に直面すると、とても嫌な気持ちになるものです。

 

自分たちの輪の中には入れてあげない。という考えに、職員の誰一人として疑問を抱かないのかと、人間性を疑います

 

そのような保育士に子供を預けることを考えると、この保育園で大丈夫なのだろうか?と思いますね。

 

 

保育士の世界、その実情

幼稚園と保育園は、同じような職場だと思われているかもしれませんが、幼稚園教諭は結婚や出産、ある程度の年齢になられると退職される方がほとんどです。

 

現在は、その傾向も少し変わりつつあるようですが・・・。

 

 

でも、保育園は違います。

 

結婚や出産で退職する方はほぼいません。

 

育休を取った後、職場復帰をし、仕事を続ける方が多い現実があります。

 

その結果、自分自身も育児を実際に経験しているという立場としては、とても心強い存在にはなるのですが、

 

保育士としては良い保育士でも、新人保育士にとって「嫌な先輩保育士」はなかなか退職してくれず、イジメや嫌がらせが続くことになるのです。

 

そういう嫌な保育士に限って、園長先生や主任に取り入るのがうまく、正論を言っていると思うこちらが、ダメ出しされてしまうのですよね。

 

口がうまいからといって、良い保育士かどうかは分からないことなのに。

 

 

最後に:他の園にも目を向けてみよう

a1380_001621

 

 

保育士の仕事は、とてもハードです。

 

一日中、子供たちから目を離さずに見守ることはもちろん、追いかける、走るということが仕事の部分もあります。

 

また、子供たちが午睡の時間は、保護者への連絡ノートへの記入や指導計画書の作成、季節ごとに変わる壁面飾りと、こなさなければならない仕事が山積みです。

 

 

サービス残業は当たり前!保育士の実情

 

 

それに加えて、一緒に働いている保育士からの嫌がらせなどを受ける。

 

そうなると精神的にも辛くなり、子供が好きだから・・・という思いだけで、保育士を続けることに限界を感じ始めることでしょう。

 

そんな時は、いったんその保育所から離れてみるというのもひとつの手立てではないでしょうか。

 

就職した保育園で人間関係に疲れ果てたとしても、他の保育園でなら、心地いい人間関係を築けるかもしれません。

 

まさに、保育園は、園長先生によって雰囲気も考え方も、保育の仕方も異なるのですから。

 

自分に合った場所で、自分の思い描く保育が出来れば、保育士としてやりがいも生きがいも感じるはずです。

 

現在は、保育士不足と言われているほど、保育士資格を持っていても保育士として働かない人が増えています。

 

それだけの理由が保育園にはあると思うのですが、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

同僚・先輩   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ワラッチャウヨネ より:

    私も、3月で退職し他の園へ転職します。やはり理由は同じクラスの4年目のMKからの嫌がらせです。園長や主任はMKのことをスゴく良く思っていて、5月から入った私のことは何ひとつ信用もしないし、園児の名札が紛失(見つかりましたが。)も私のせいになり、MKが嫌がらせに隠したのに園長は「開園4年目の今まで築き上げてきたのをあなたは壊そうとする。」とか全く訳の分からないこというし、MKは自分で「人の間違えを見つけるの得意なんですよねー。」とか自慢げに言っちゃって、フツー言わねえーし。MKと関わりたくもないし、同じ空気を吸うのも嫌で仕方なかった。だから、保護者面談とかも私は担当を外されるし、全てMKが何かと主任、園長に報告をして自分を誇示したいのだろう。なんて嫌な奴だ。そんな奴に子供たちが保育されるのだからかわいそうに。4月から年長空組の担任だからたまったもんじゃない。人間性を疑うよ。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: