保育士 転職 給料 上げる

保育士辞めたい

保育士を辞めたい人に対して、辞め方と辞めてからのアドバイスブログです

保育士内の転職で給料を上げることは可能なのか?

 

 

保育士は大変だけど、保育の仕事自体は苦にならない。

 

子供は好きなので、むしろこういった仕事をしているのは楽しい。

 

保育士をやっていて、こうお考えの方も多いことでしょうね。

 

 

私自身も子供が成長していく姿を見ることは大好きだったし、子供の素直さに癒やされたりもしたので保育士の仕事は大好きでした。

 

 

そんな私が保育士を辞めたくなった原因は何と言っても、

 

 

「お給料が低すぎること」

 

 

この一点に集約していました。

 

 

給料さえ良ければ、せめて、同年代の周囲の人と同じぐらいのお給料を貰えれば保育士を続けたい。

 

多くの保育士さんが悩むのと同じように、こんな事を考えていました。

 

 

しかし、

 

 

お給料の良い保育園なんてこのご時世に存在するのか?

 

持ち帰り仕事やサービス残業が当たり前のこの業界で、待遇の良い保育園なんてあるのか?

 

 

結論からいうと、保育士で待遇改善をはかるなら、保育士さんに特化した専門の転職エージェントを使って転職するしかありません。

 

 

その特化型の転職エージェントとは「保育士バンク」です。

 

 

保育士専門転職支援サービス【保育士バンク】

 

 

子供は好きで、少しでも保育士として待遇改善をはかりたい。給料を上げたいと考えている方はこのまま読み進めていただけたらと思います。

 

 

 

待遇が良いのは公立の保育園だけなの?

すでにご存知かと思いますが、保育園の所轄は厚生労働省です。

 

保育園は国が運営している公立と、個人が運営している私立の保育園の2種類があります。

 

公立の保育園の場合、運営先が国のため公務員扱いになり給料もさほど安いという事はありません。むしろ経験年数によってどんどん上がっていく。

 

公立保育園は待遇も良いため、働くのは倍率も高くかなり狭き門になっているのが実態です。

 

公立の民営化に伴ってますます就職しにくくなっているのが現状。

 

 

では私立での保育園全てが待遇の悪い園なのか?

 

公立保育園での就職を逃したら、一生安月給のままなのでしょうか??

 

実は実態をひもとき、それにそって転職活動することで、給料を上げることは不可能ではないのです。

 

 

 

無認可保育園は給料が厳しいのが現実ですが・・

保育園の運営費は、自治体からの補助金と保護者からの収めて貰う保育料の2つで成り立っています。

 

公立の保育園は全てが認可型なのに対して、私立は認可型と無認可型の2種類があります。

 

 

得てして給料が低い傾向にあるのが、私立の無認可型。

 

これは国の運営上の問題もあって、無認可の場合、一定の基準を満たしていないと自治体から補助金が出ないためです。

 

無認可でも色々な手当を支給して、そこそこの給料を保っている園もありますが、まだまだ平均より低いのが実態。

 

 

そのため、保育士内の転職で給料を上げたいのであれば、認可型の保育園に転職することが必須になります。

 

というか給料が上がる可能性がより高い。

 

 

これは一例ですが、補助金の額は経営元が何かによって変わったりもします。

 

例えば東京都では、一般の企業が運営する保育園よりも社会福祉法人が運営する保育園に補助金を多く支給しています。

 

 

また保護者が支払う保育単価は、自治体にもよりますが、園児の年齢が低いほど高くなる傾向があります。(もちろん保護者の世帯収入にもよります)

 

年齢が低い園児を多数抱えている保育園は比較的、財源に余裕があるとも判断できます。

 

 

保育士の給料が低い要因として、園の財源が乏しいことがよく挙げられます。

 

ですが認可型の社会福祉法人でしっかりした定員が揃っていれば、保育士さんに給料・賞与で還元できるチカラは十分にあると判断できますね。

 

 

運営費を保育士に還元しない園で働いてはダメ

とはいえ、いくら儲かっていてもそれを保育士に全く還元してくれない園ではいつまでたっても給料は上がりません。

 

園の中には、

 

 

・適当な年齢で辞めて欲しいため、わざと給料を低く設定している

 

・給料を保育士に還元せず施設を良くし保護者にアピールしている

 

・給料を上げても保育士の質はあがらないという古い考えがある

 

・園にランクをつけてランク順に賞与を決定している

 

 

などのように、出せる給料はあるにも関わらず、それを還元しない園も実はまだまだ多いのです。

 

 

そして、こういった保育士に給料をしっかり還元してくれる園を自分ひとりのチカラで探すのは非常に難しい。

 

 

 

保育士内の転職で給料を上げたいなら特化型の転職エージェントを使うのが必須!

 

 

保育士業界内で、自力で待遇の良い保育園を探そうとするとかなり難しいです。

 

その理由は単純です。

 

 

面接だけでは、社員に給料を還元してくれる園なのかどうかが全く分からないからです。

 

 

ありがちなのが、入社した後に面接では聞かされてない給料体系を知らされたり、独自のボーナス査定を知らされたりするパターン。

 

面接や口コミサイトなどでもある程度推測することはできますが、実際の内情がどうかまでは分からないのです。

 

知り合いの紹介だから安心して転職したものの、話しと全く違った!なんて事もよく聞く話。

 

 

こういった園の裏の事情をしっかり把握するには、保育士に特化した転職エージェントにアドバイスを貰うのが一番の近道。

 

というか、現状それしか解決方法がないといってもいいぐらい。

 

 

 

特化型転職エージェント保育士バンク

いま未曾有の保育士不足により、保育士に特化した転職エージェントがかなり増えてきています。

 

そのため一体どこの転職エージェントを使っていいのか分からなかったりします。

 

保育士さん側の売り手市場のため、どこでもいいというなら仕事は見つけやすい時代です。

 

 

もしあなたが、給料を上げる事に特化して転職活動をするなら絶対的に「保育士バンク」がおすすめです。

 

 

なぜ保育士バンクがおすすめなのでしょう?

 

 

それは色々ある転職サイトの中で、この転職エージェントが一番保育士さんの給料アップにこだわっているからです。

 

 

 

給料アップにこだわる転職エージェントは他にも多いですが、都内などの限定された園になってしまったりと意外と融通が効かないサイトが多い。

 

その点、保育士バンクは日本全国に対応していますし、最大級の求人情報を保有しています。

 

分母の数が圧倒的に違うので、探せる件数も多いのです。

 

 

また特徴的なのがこれ。⇓⇓⇓

 

 

 

 

 

 

 

 

給料明細をニックネームや匿名で投稿してもらい、その集計を利用者さんに公開し比較検討してもらうなどのコンテンツが充実しています。

 

上記は一例ですが、保育士で給料に疑問を感じている人の投稿を集計して、自社の運営にも役立てていることが伺い知れます。

 

利用者さんにより良いマッチングをしてもらうために、日々アンケートを集計しアフターフォローにまでこだわっているのです。

 

コンサルしてくれる担当者も元保育士の方が多く、今の保育業界が抱えている問題などもよく理解してくれているので、実際に保育士さんがどんな悩みに直面しているのかを考慮してくれます。

 

 

・本当に提示通りのお給料を貰えるのか?

 

・残業代の実態はどうなのか?

 

・ボーナスはどんな感じなのか?

 

・住宅手当って本当に支給されるのか?

 

・園の育休、産休の実態

 

 

 

こういった、普通であれば自分からは直接聞けないことも、事前に色々と教えてくれます。

 

 

やっぱり、保育士さんでお給料の話をするのはナーバスな問題なので気が引けます。

 

保育士バンクは、そういった事情をよく理解してくれる相談者という意味でも、とても安心感があります。

 

 

もちろん転職エージェントなので、転職に必要な、

 

 

・効果的な職務経歴書の書き方

 

・面接のコツ

 

・仕事をしながらの転職活動に対しては、そのアドバイス

 

 

こういった基本的なことも気軽に対応してくれます。

 

 

 

 

 

実際に保育士バンクを利用して給料アップに成功した方も多数いるので、保育士の転職で給料待遇の改善をはかりたい人には必須の転職エージェントと言えます。

 

 

保育士専門転職支援サービス【保育士バンク】

 

 

 

保育士バンクの登録は簡単!

保育士バンクの登録は至って簡単です。

 

5つのステップで答えを入力していくだけです。

 

 

 

 

 

資格の入力に始まり、

 

 

勤務形態、

 

 

お住いの都道府県地域、

 

 

 

名前と生年月日を入力し、

 

 

 

 

最後に電話番号とメールアドレスを入力して終了です。

 

 

保育士バンクに登録すると、担当者から10日以内に転職の相談のための電話がかかってきます。

 

そのため、こういった電話がかかってきては困るという方は登録は遠慮した方がいいかと思います。

 

 

もしあなたが本当に今の保育園の給料に不満があって、なんとか現状を変えたいという強いお気持ちがあれば、この機会にぜひ相談をすればいいでしょう。

 

 

保育士専門転職支援サービス【保育士バンク】

 

 

色々な問題を抱えている保育業界ですが、少しでも生活が向上するように頑張って下さい!